プロパンガスの安全性と特徴を知っておくとお得です

プロパンガスの安全性と特徴

日本国内で幅広く利用されているプロパンガスは、「環境にやさしい」 「火力が強い」
「持ち運びが簡単」 「災害に強い」などという特徴を持っています。

【特徴】

プロパンガスは一般的に毒性はなく、無味無臭となっています。
その為、ガス漏れ感知の為に独特の臭いをつけてあります。

プロパンガスは、空気より重いという特性があります。
その為、探知器も天井ではなく、足元に近い場所につけて感知することになります。
万が一ガス漏れしたときは、地面を這うようにガスは拡散していき、低い場所で停滞します。

プロパンガスは熱量も都市ガスに比べて強く、燃焼時に排出する二酸化炭素(CO2 )の
排出量が少ないので、環境にやさしいエネルギーと言われています。
そのような火力の強さも飲食店などの業務用途に最適と言われています。

プロパンガスは災害時の復旧の早さの利点もあります。
都市ガスは工場でガスを製造し、各家庭にガス管を通して供給するというシステムになっています。
その為、地震などによって影響を受けやすいガス管は亀裂が入ったり、破損してしまう可能性が
あります。
破損してしまったガス管を復旧させるには、順次地中にあるガス管をチェックして、新しいものと交換するなど、地震発生時の発生エリアをすべてチェックしなければならないので、どうしても全面復旧までに時間を要してしまいます。
その点、プロパンガスボンベは各家庭に設置されているので、点検が簡単にでき、復旧が早いというだけではなく、仮設住宅などでもボンベが設置出来れば早い段階で供給が可能となります。

このような利点と特徴のあるプロパンガスは、営業を長いこと止める事の出来ない
工場や病院、飲食店などの店舗でも重宝されています。

工場・店舗など業務用ガス料金について

都市ガスよりも火力も強く、災害時の復旧も早いプロパンガスは、工場、店舗、飲食店、病院など
業務用として使用されている場合が多くあります。

業務用となると、毎月の使用料は多く、悪徳な値段のガス会社と良心的な値段のガス会社とでは
年間数万、数十万もの差となってきてしまいます。

一口に業務用と言っても、工場、病院、飲食店、美容院、など様々な業種があります。
業務形態も多岐にわたります。その為、ひとくくりとして「業務用価格」としての適用が
可能なわけではありません。

業務用価格の適用として重要なのは、「プロパンガスの使用料」になります。
業務用としての利用であったとしても、一般家庭の使用料と変わらない場合は、
一般家庭の供給料金と変わらないケースが多くなります。

一般家庭の使用料としての例

1人暮らし 5~10㎥
2人暮らし 10~15㎥
3人暮らし 15~20㎥
4人暮らし 20~30㎥
5人暮らし 30~40㎥
6人暮らし 40~50㎥

業務用料金が適用される使用料の目安は、おおよそ、月間100㎥程度ととなります。
しかし、一般家庭でもそうですが、夏場は使用料が少なく、冬場は使用料が多くなります。
暖房機器や、お湯、水からお湯へ温める熱量も夏場に比べると多く必要となってきます。
その為、使用料もアベレージで適用される場合が多くなっています。
使用料アベレージはおおよそ月間80~100㎥程度と言われています。

一般家庭のガス料金は、基本料金+従量料金(1㎥×使用料)という二部制の料金体系が一般的となっています。
しかし、業務用プロパンガスは使用量が多いので、基本料金はなく、従量料金のみという価格設定が多くなっています。従量料金も一般家庭に比べると安い料金設定となっています。

一点だけ注意しなければいけないのは、その店舗が賃貸であった場合、オーナー様の許可がいる、ということです。病院や工場などを経営されていて、ご自身が建物のオーナーであるという場合は問題ありません。ただ、飲食店や美容室などで店舗を借りている営業をしている場合は、建物の権利者であるオーナー様の許可を取っておく必要があります。

ガス切り替え相談サイト

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】